バス関連事業

バス整備業務

 仙台市営バスの車両点検・整備、板金・塗装、車内搭載機器(非接触ICカードシステム搭載運賃箱・運賃液晶式表示装置・LED行先表示器・音声合成放送装置)点検等を受託しています。

 各工場には、13トンほどあるバスを簡単に持ち上げられる油圧式大型リフトを備えております。川内工場ではシティループバス「るーぷる仙台」も入庫して整備されます。

仙台市営バス整備工場  

自動車整備課 川内整備工場

129台(るーぷる8台含む)

自動車整備課 実沢整備工場

128台

自動車整備課 霞の目整備工場

83台

自動車整備課 長町整備工場

74台

2017年4月1日現在

 

バス停留所維持管理業務

 バス停留所の保守管理を受託しています。

 仙台市営バスの停留所は、東は「新浜浦通」西は「二口」北は「泉高原スプリングバレースキー場」(冬季以外は「泉岳自然ふれあい館」)南は「四郎丸」までの広い地域に点在していて、電照式・ソーラー式・屋内内照式・可動式・平型と形式も様々です。日々の巡回時は老朽化や汚損の程度を点検し必要に応じて交換を行います。不測の事態が発生した場合は即対処して、お客様へご不便をおかけしないよう努力しています。

 また、臨時ダイヤでの運行前やダイヤ改正の際はお知らせを掲出したり、掲出時刻表の貼り替え作業等を行っています。